ライフサイクルコスト

LIFE CYCLE COST

建てた後の費用を出来るだけ安く抑えたい

ライフサイクルコスト=生涯費用

家のライフサイクルコストとは、建設費だけではなく、
その家に住み続けるあいだにかかるすべての住宅関連費用のこと。
メンテナンス費用から光熱費、建て替えの費用も含まれます。
どうしても最初の建設費のことに目が向きがちですが、
建てた後の費用についても考えてみませんか?

イメージ:ライフサイクルコスト=生涯費用

コンクリート住宅なら建て替えも少ない

コンクリート住宅と、一般的な木造住宅の
ライフサイクルコストを比較してみました。
家にも寿命があり、一般的に木造住宅の寿命は30年、
鉄骨住宅は43年前後といわれています。木造住宅を30年ごとに
建て替えるのであれば、100年の間にあと3回、
家を建てることになりますね。
どうしても最初の建設費のことに目が向きがちですが、
「コンクリート住宅なら1度建てれば100年以上持つので、
長い目で見るとコスト面に優れています。

その差は
0年で

光熱費を低減

なぜ光熱費がかかるの?それは主に
「家の外に熱が逃げてゆく」からです。
気密性の高さ、さらにコスト効率の良いオール電化住宅と
組み合わせることにより、通常の電気・ガス併用住宅に比べ、
なんと約88%も光熱費が減るということも。
レスコハウスでは、気密性を高めるため、
泡の断熱材「アクアフォーム」で建物全体を丸ごと断熱。
一般的な光熱費の比較では、
木造住宅の半分以下というデータもあります。
さらにZ空調を搭載いただくことで、
一年を通して家中の温度を快適に保つことも可能です。

光熱費比較

  • 電気・ガス
    併用住宅
  • オール電化
    住宅
  • レスコハウス
    オール電化仕様
  • 0,810円/月
  • 20%
    削減

    0,690円/月
  • 68%
    削減

    070円/月

バナー:Z空調 バナー:Z空調

35年間の無償メンテナンスサポートで家の寿命を延ばす

建物の寿命は構造躯体だけで決まるわけではありません。
木造住宅の場合、5年で建材や部材などの割れやズレの補修、
10年ごとに水回り、20年で外壁や基礎の補修を
すすめられる事が多いようです。
メンテナンスにかかる費用もばかになりませんよね。
これと比較して、レスコハウスでは躯体の強度が
高いこともあり、補修が必要なメンテナンスの数は
圧倒的に減ります。その上、レスコハウスでは
「35年間の長期無料点検制度」を実施、
35年間、構造躯体にかかわる部分の
点検・メンテナンスを無償で行います。
35年間メンテナンスをしない、のではなく、
点検・メンテナンスの費用がかからないのです。

レスコハウスによる外壁、水回り点検の画像

pagetop