耐久性

DURABILITY

レスコハウスは、慣れ親しんだ家を子供に残したいと考えます。

100年を越えて住み継がれる耐久性の高い家は建て替えが少なく、コンクリートの場合は47年と最も長く資産価値が高い。
更に売りたい時に買い手がローンを組みやすい。という大きなメリットがあります。

建て替えが少なく、100年を越えて住み継がれる耐久性の高い家

家にも寿命があり、一定期間が過ぎると
建て替えなくてはなりません。
その目安は木造住宅は30年前後、鉄骨住宅は43年前後。
その度に解体した資材を処理し、新しい資材が必要に。
コンクリート住宅ならー度建てれば100 年以上持つので、
資源面はもちろん、長い目で見るとコスト面もすぐれています。
実は「環境に優しい」ことは「お財布に優しい」
ことにもつながるのです。

日本は建替えの期間が平均30年と世界の中で一番短い。しかしコンクリート住宅は、47年と一般住宅の中で最も長い。
  • 0
  • 49
  • 56
  • 66
  • 111
  • 日本
    1993年
  • ドイツ
    1987年
  • フランス
    1990年
  • アメリカ
    1991年
  • イギリス
    1991年

20年後の資産価値、考えたことありますか?

建物の評価基準、ご存知ですか?税法上では、建物の用途や
構造によって使用に耐えうる「法定耐用年数」を定めています。
この基準では住宅の場合、木造は22年、重量鉄骨で34年、
コンクリートの場合は47年と最も長くなっています。
この基準値は中古建物の評価にも使用されています。

20年後の評価額

単位:円

コンクリート住宅の法定耐用年数は、47年と一般住宅の中で圧倒的な長さを誇る。
  • 1億
  • 5千万
  • 0
  • 新築時
  • 鉄骨住宅
  • コンクリート
    住宅

売りたいときに、買い手がローンを組みやすい

法定耐用年数が長いほど減価額は少なく、評価額が目減りしません。
また、金融機関はこの法定耐用年数の残存期間を目安にローン期間を設定するため、 残存期間が長いほど売却時に買い手が融資を受けやすくなります。
価値が下がらないということは、売りたいときに売りやすいということ。
資産価値が最も高いコンクリート住宅のメリットです。

ローンを組める
残り年数
0

ローンを組める
残り年数
13

重量鉄骨住宅の法定耐用年数は34年、築20年のときローンを組める残り年数は14年です。コンクリート住宅の法定耐用年数は47年、築20年のときローンを組める残り年数は27年です。
pagetop