レスコハウスの歩み

HISTORY

レスコハウス 創業半世紀の歩み

レスコハウスが半世紀に渡って作り上げた
PCパネル×WPC工法。
安心・安全な住まいをお客様にお届けすることが
創業以来、変わらない私たちの基本姿勢です。
自然災害の多い日本において、
レスコハウスの“本物の強さ”
ご家族の“生命”“財産”を守り続けます。

  • レスコハウスは、
    「燃えない・地震などの災害に強い近代住宅」
    として旧建設省と共同で開発された商品です。
    従来の日本家屋は木造が多く、
    また都市計画も整備されていない頃は
    密集した住宅地も多かったため、
    火事や地震などの災害に脆く、
    多くの人命や都市としての財産を失ってきました。

    昭和40年代のレスコタウン(木更津地域)

    昭和40年代のレスコタウン
    (木更津地域)

    型式認定工場

    型式認定工場で厳格な
    管理のもとで
    作られています。
  • また日本の住宅の寿命は短く30年程度、
    先進国の中では群を抜いて短命です。
    住宅を社会資本と考えると、
    とても残念な状況にあったと言えます。
    そんな中、「火事で燃えない、燃え広がらない住宅」
    「地震・台風などの自然災害に強い住宅」を量産して
    社会全体の財産とし、豊かな生活を目指して
    開発されたのがレスコハウスなのです。

    鉄筋コンクリートパネル製造工程 型枠組立

    鉄筋コンクリートパネル製造工程
    【型枠組立】
  • 鉄筋コンクリート造は構造的にも強く、高性能であることは
    皆さんも認識されていることと思います。
    一方、施工管理が難しく、
    住宅としては高価な工法としても
    認知されていました。
    そこで、レスコハウスが選択したのが
    「工場生産」です。
    施工管理の難しい鉄筋コンクリートを建築現場ではなく、
    工場で製造することで、
    コンクリートにとって理想的な環境で
    製造することができます。

    鉄筋コンクリートパネル製造工程 製品保管

    鉄筋コンクリートパネル
    製造工程
    【製品保管】

    鉄筋コンクリートパネル製造工程 脱型

    鉄筋コンクリートパネル
    製造工程【脱型】
  • また、現場での組み立てをシンプルにすることで、
    施工現場の状況や職人の熟練度によって左右されることなく、
    高性能の鉄筋コンクリート住宅の施工が可能になったのです。
    その施工実績は昭和41年の創業以来、15,000戸を超えています。
    平成7年に起こった阪神・淡路大震災では、激震地に建つ66棟で
    ガラス1枚も割れず、お客様ご家族の生命と財産を守ったことは、
    私たちレスコハウス社員の大きな誇りとなっています。

    阪神・淡路大震災

    厳格な品質管理によって、
    阪神・淡路大震災で倒壊・破損ゼロ
pagetop